adriveとマウント

adrive無料でも50ギガまで利用できるという頼りがいのあるクラウドサービスですが、急に使い出してみると、adriveのサーバをどこかにマウントできないものか、と悩んでしまう方は多いと思います。

システムの空いているドライブにマウントできたら、やはり好都合です。

既存のファイルサーバを使用していて、その要領が足らなくなったのでadriveを使い始めたという場合はなおさらマウントしたくなると思います。

デフォルトでは搭載されていないながらも、adriveはフリーツールを使用すればローカルドライブとしてマウントが可能です。

この代表的なツールが、Gladinet Cloud Desktopというフリーソフトで、adriveの他にはスカイドライブなどもマウント可能です。

これを使用すれば、ローカルのシステムドライブに置いておいたファイルなどもほぼ同じ操作で、つまり1クリックで再生することができるようになります。

このツールの優れた点は、種類の異なるストレージサービスを同時にマウントできてしまうこと、また、ストレージばかりではなくgoogle docやpicasaなどのサービスにも対応している、というところです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: Adrive(50GB) タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク