adriveと仮想ドライブ

オンラインストレージを使用していると、どうしても使いづらいと感じてしまうことがあります。

それは、いわゆる仮想ドライブにできない、ことが原因です。

また、最近では、sugarsyncやdropboxなどのように、仮想ドライブ同様の機能が搭載されているものも増えているようですが、ここら辺のサーバはあまり容量が多くありませんので、足りない方には不便です。

そこで解決策として、無料でも容量の大きなストレージサービスと他のツールを併用すればできるのではないか、と考えてみた場合、そのようなツールはたくさんあることがわかります。

たとえばadriveとGladinetというフリーツールは相性もよいので、使っている方も多いようです。

adriveの専用のストレージをまるごと仮想ドライブとしてマウントすることが可能です。

仮想ドライブになれば、ローカルドライブ、あるいはLAN内のファイルサーバを使用しているのと同じ感覚で使用できます。

またadriveでは、1つのファイルをサーバ上のフォルダ間で移動することも可能ですので、操作感はほとんど同じとも言えます。

難点としてはやはり通信速度が遅いので、大きなファイルはローカルで処理したほうがいいと思います。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: Adrive(50GB) タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク