ドロップボックスのマージとは

オンラインストレージでは、複数のパソコンで同期をしている場合に、競合が起こる場合があります。つまり、どちらのパソコンも同じファイルを開いて操作、編集している場合に、更新時には競合状態になります。
このような場合、ドロップボックスでは自動でマージしてくれます。
ドロップボックスのマージとは、どちらの更新も含ませた内容で保存することです。つまり、更新後に結果を見たときに、どちらのユーザも内容が違う、と判断することになります。マージとは、他にもレプリケーションという名前で実装しているものが多くありますが、やはりマルチユーザのアプリには必須の機能です。
またドロップボックスでは、マージに失敗することもあります。この場合のマージとは、編集に入ったタイミングや保存のタイミングなどによって様々ですが、この場合は問題があるコピー、という意味を含めて、別のファイル名で保存されます。つまり、双方の更新はまだ残っていますので、問題が起こらずに済みます。
またある意味では後者の方法で常に更新してくれたほうが問題を解消しやすい、というケースもあると思います。またマージが起こるような使い方はできればお勧めしない、という意見もあります。つまり、アプリケーション選択に難があると言う意見です。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: Dropbox(ドロップボックス) パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク