エバーノート、ドロップボックスの比較

今では二大クラウドサービスなどとも呼ばれるようになったエバーノートとドロップボックスですが、どちらも同じものではなく、比較してみるとそれぞれに特徴があります。つまりどちらも利用して使い分けている、というパターンが最も多いようです。
エバーノートのほうがドロップボックスよりも高機能である、という比較も多いですが、やはり格納できる容量の差が大きいため、それぞれにファイルの種類を分けるのがもっとも有効な使い方でしょう。エバーノートには日々アクセスするような頻度の高いファイルを、またドロップボックスには過去の蓄積したデータを、というように分けるのが主流だと思います。
エバーノートはノート、あるいはメモ帳としての役割、機能が優れています。もちろんドロップボックスでもダウンロードして参照、は可能ですが、それ以外にも検索機能やスキャン機能を搭載し、例えばpdfファイルでもocrによる検索が自動で実行されますので、やはりアクセス方法としては多彩なエバーノートをデイリーユースにしておくのが理想です。
現状は両者の比較はこのような感じですが、今後はお互いの機能を拡充するような感じになるかもしれません。現状でも満足度は高いですが、高機能化は是非推進してほしいものです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: Evernote(エバーノート) パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク