quanpと使い方

リコーのquanpの使い方はとても簡単で、オンラインストレージが初めてという方でも、すぐに慣れると思います。

quanpでは、インターネット上にプレースと呼ばれるユーザ専用の場所を確保することができ、そのプレースに対して、好きなデータ、例えば写真や音楽ファイル、動画ファイルなどを保管しておくことができます
quanpを初めて使用するのであれば、使い方に慣れるためにトライアルコースを試してみるといいでしょう。

ユーザ登録をしたら、まずアップロードボタンをクリックしてローカルのファイルをアップロードしてみます。

アップロード画面に変わったら、アップロード先のプレースを指定します。

ここではデフォルトで存在しているホームが表示されますので、ここに対してローカルのファイルをアップロードしてみます。

またファイルの説明を入力するウィンドウが出ますので、~に撮影した写真、のように入力し、次にはタグを入力します。

タグは後で整理するときに便利ですので、そのことを踏まえて入力しておきます。

何枚かアップロードし、デフォルトのプレースであるホームを開いてみると、アップロードした写真を一枚ずつ拡大してみたり、それらを一括で見ることもできます。

このようにとても簡単な使い方ができるのもquanpの魅力です。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: quanp(クオンプ) タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク