スカイドライブとファイルサイズ

オンラインストレージサービス、スカイドライブでは、アップロードできるファイルサイズは1つにつき100メガまでという制限があります。

ですので、一度に多くのファイルをアップロードしていて、突然失敗したりすることのないようにファイルサイズをチェックしておくべきでしょう。

ネットワーク帯域が太い場合でも、スカイドライブの許容範囲は限定されてきますので、作業に時間がかかってしまいます。

また一度にアップロードできるファイル数は200までですが、もちろん1つのフォルダーに対して、200個ずつアップロードすれば200個以上を保存できますので、あまり焦らないで作業すべきでしょう。

ファイルサイズが100メガギリギリになると、windowsでは100メガ以内の場合でも、スカイドライブ側ではその容量を超えていると判断される場合もあります

これはファイルの種類によってもまちまちですので、ギリギリの場合は特に1つずつアップしてみるのが得策でしょう。

その他には、ドラッグアンドドロップ方法でアップロードできない場合でも、通常のアップロード方法では成功するという場合もあるようです。

その他、圧縮ツールを使うと解凍の時間がかかったり、モバイルでは解凍できないこともあり得ます。

SponsoredLink
カテゴリー: SkyDrive(スカイドライブ) タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク