シュガーシンクとマネージャー

シュガーシンクには、ファイルマネージャー機能を搭載したクライアントソフトがあります。

このファイルマネージャーソフトによって、ローカルとクラウド上のファイルは常に監視され、もし対象フォルダのファイルが変更されれば、変更を検知してファイルの更新が自動的にクラウド上にアップロードされます。

シュガーシンクファイルマネージャーは、同期フォルダを指定すれば、その内容が自動でクラウドへアップロードされます。

つまりローカルでファイルを削除すれば、それと同じようにクラウドの内容も変更されます。

この場合、サーバ上のものもほぼ同時に削除されるため不安に感じますが、実はサーバ上では削除済みのファイル用の領域が確保されていますので、後から復元することができます

同期したいフォルダはどんどん追加することが可能です。

ツールバーから、同期フォルダの管理を選択して、次画面で画面の左下にある、フォルダの追加ボタンをクリックします。

その後はフォルダを選択するだけです。

シュガーシンクファイルマネージャーwindowsを使用したことがある方であればほぼ無理なく操作が可能なように構成されています

初めて使用するという場合でも、スムーズにバックアップまで完了できるでしょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: SugarSync(シュガーシンク) タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク