シュガーシンクとアンインストール

シュガーシンク用のクライアントを完全にアンインストールするには多少コツがいるようです。windows版であれば、まずシュガーシンクのマネージャーアプリを正式な手順によってアンインストールしてから、レジストリに不要なエントリが残りますので、手動で削除します。もちろん削除しなくてもシステムに影響はありませんし、セキュリティ上で重要なエントリーが残るということもありません。この場合、完全にきれいな状態にしたい場合を想定しています。
またシュガーシンクだけでなく、ドロップボックスやズモドライブなどでも言えることですが、クライアントのサイズがとてもコンパクトでよく出来ている、という感じがあります。またレジストリエントリについてもあちこち作ってしまうことがありません。
またマック用クライアントの場合も、完全に綺麗にアンインストールするためには、ファイルシステムにある数個のファイルを削除する必要があるようです。
アプリの完全消去はどのようなアプリにも付き物とも言えますし、システムの無駄な肥厚に対する好みの問題です。また一般に多く普及しているドライブイメージ用のツールなどでシステムをうまく回転させたほうが有効かもしれません。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: SugarSync(シュガーシンク) パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク