シュガーシンクの安全性について

最近はオンラインストレージというサービスを使ってオンラインに様々なファイルを保存する方が増えています。
複数のデバイスで同期することができて非常に便利なサービスではあるのですが、
オンラインにファイルをアップロードするということで安全性というのは非常に気になるところですよね。
オンラインにアップロードした写真や個人情報などが誰か知らない人にアクセスされないとは限らないですからね。
オンラインストレージの大手であるシュガーシンクの場合はこの安全性についてはどうなのでしょうか。
シュガーシンクではセキュリティ対策としてまずアップロードやダウンロードにはSSL/TLS暗号化通信を採用しています。
もしアップロードやダウンロードの通信中にデータが漏れるようなことがあっても暗号化によってファイルが守られるということになっています。
また、シュガーシンクのサーバー上に保存されているデータに関してはAES暗号というものが採用されています。
これもやはり通信時と同様に暗号化によってファイルが守られているということになります。
ですから基本的には安全性は高いと言えるのですが、暗号化されていれば100%安全とも限りません。
本当に大事なファイルはアップロードしないなど自衛も必要ですね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: SugarSync(シュガーシンク) パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク