zumodriveとitunesの同期

zumodriveには、各種のメディア用再生ツール、ライブラリツールとの連携、同期機能が搭載されていて、パソコンやモバイルを問わず、どこからでも同じソースにアクセスして再生することができます

例えば、zumodriveにある楽曲などのメディアファイルをitunesにインポートすることができ、メインとして使用しているパソコンのitunes用のライブラリをzumodriveの仮想ドライブに構築しておくことで、他のパソコンのitunesからもそのライブラリを共有して同じように使用することができるようになります。

ライブラリにファイルを登録する場合、ローカルのデフォルトのフォルダや、あるいはカスタマイズしたフォルダを同期指定してしまうとその環境でしかitunesのライブラリは使用できません。

しかしzumodrive、つまりインターネット上のストレージにライブラリとファイルをまるごと同期すれば、どこからでもitunesさえあれば同じライブラリを使用したり、共有することも可能になります。

またzumodrive仮想ドライブとしてマウントし、その中にあるファイルを共有する、という単純な方法でも同じファイルを共有できることになります。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: ZumoDrive タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク